プチDIYで見違える! 1人暮らしの和室をオシャレにする方法

プチDIYで見違える! 1人暮らしの和室をオシャレにする方法

「オシャレな部屋に住んで、せっかくの1人暮らしを充実させたい!」そう思ってはいても、現実は昔ながらの「和室」。
こればかりはどうしようもありません。

しかし、懐かしいムードあふれる畳の部屋でも、ちょっとした工夫を取り入れるだけで、オシャレなイマドキの空間にぐっと近づけることが可能です。
昔ながらの和室を見違えるほどオシャレに変身させられる「プチDIY」とインテリアのアイデアについてご紹介します。

1. 畳を「カーペット」で目隠しする!

部屋の雰囲気は、目に入る1番大きな面積の部分によって大きく左右されます。
つまり、床や壁などの見た目によって部屋のイメージができあがるのです。

これを最も簡単に、手っ取り早くイメージチェンジをしたいのなら「カーペット」を敷くことがオススメ。
畳の床には、毛の短いカーペットが似合います。
もともと和室は渋い雰囲気を醸し出す部屋なので、大人っぽい落ち着いたデザインのものと相性が抜群。
無地でシンプルなものや、色味を抑えたクラシックなデザインのものが畳の部屋にはピッタリです。

また、畳を隠したい! と洋室に憧れがある場合には「フローリングカーペット」を敷くという方法もあります。
お部屋の雰囲気がガラリと変わるので、気持ちまで新鮮な気持ちになりますよ。

2. 部屋の「カラー」を統一してスッキリと

部屋の「カラー」を統一してスッキリと

和室のノスタルジックな雰囲気は、ビンテージのインテリアとも相性がピッタリ。
和室の昔ながらの雰囲気をあえて活かして、インテリアもビンテージ風のもので揃えるのがオススメです。

さらに、壁や梁とインテリアの色味をそろえると統一感が出るので、それだけでオシャレな雰囲気になりますよ。
部屋をオシャレにまとめるためのポイントは、部屋で使うカラーを3色までにすること。
カーテンやカーペット、ソファやベッドカバーのカラーを揃えるようにすると、スッキリとしたまとまり感が出て、都会的な部屋にすることができます。

ブラウンやベージュ系だと落ち着いた雰囲気に、モノトーンで統一するとシックな雰囲気を演出することができます。
全体的に白を基調とすると、部屋全体を広く見せることができるので、お部屋が狭いという方オススメです。

3. こだわりの部屋つくりは「壁」をプチDIY!

部屋をよりオシャレにするためには壁への工夫も大切です。
お気に入りの画を飾ったり、大判の布を貼ったりするだけでも、部屋の雰囲気はとてもよくなります。

意外にも北欧デザインと和室は相性がいいので、大柄な北欧デザインのファブリックを壁に貼ると和モダンな雰囲気に近づけることができますよ。
さらにアジア風のデザインのものにすれば、アジアンミックスに。
ポップなデザインのファブリックにすれば和室の雰囲気もがらりと明るくなります。
また、襖の柄を好みのデザインのものに張り替えるのもオススメです。

4. 意外と簡単!? 「襖」を取り払う

和室の収納スペースといえば「押入れ」ですよね。この押入れのスペースもオシャレな部屋への大切なカギを握っています。
DIYのしがいもあって、楽しくプチリフォームをすることができますよ。

意外にも大きな面積を持つ押し入れの「襖」を取り払うことで、部屋に漂う和室感をダウンさせることができます。
襖を取り払ってデスクとしてイスだけを置き、残りの部分は「見せる収納」として使うと、スペースを無駄にすることなく、センスの良い部屋へ早変わりさせることができますよ。

昔ながらの和室の部屋も、ちょっとした工夫とプチDIYでオシャレ感をアップできます。
部屋が素敵な空間になると、生活にハリが出たりリラックスしやすくなったりと嬉しいことがたくさんです。
次のお休みは「プチDIY」に挑戦してみてくださいね。