1人暮らしの方必見! 「ガス代 を節約する方法とは?」

1人暮らしの方必見! 「ガス代 を節約する方法とは?」

1人暮らしをするうえで、なるべく切りつめたいところが光熱費ですよね。
とくにガス代は、都市ガスよりプロパンガスのほうが高めに設定されていることもあり、プロパンガスの物件に引っ越すと、請求書を見て「こんなに高いの?」と驚いてしまうことも。

しかし、基本的に光熱費は「使えば使っただけ」請求がくるものなので、少しの工夫をすれば確実に節約をすることができます。
そこで今回は、1人暮らしの方必見の、意外とお高い「ガス代」を節約する方法についてご紹介します。

1. シャワーを使う時間はできるだけ短く!

ガス代で最も大きな割合を占めるのは「お風呂」です。
シャワーでお湯を使う時間を短くすればするほど、ガス代を節約することができます。

また、お湯の量を少なくすることも大切なので、シャワーヘッドを節水用に変更するのもオススメの節約法。
長い時間シャワーを浴びていないで、1回につき5分から10分と、自分でルールを決めてシャワーを使うことが1人暮らしのお湯の使用量を減らすコツです。

2. 湯船は節約の敵と心得る

1人暮らしの場合、浴槽にお湯を溜めるよりも、シャワーで済ませるほうがお湯の使用量を抑えられるのでガス代はお得になります。

浴槽にお湯を溜めるのに必要な水量は約200L。
シャワーを17分間出しっぱなしにする量に相当します。
17分以上シャワーを出しっぱなしにするなら、お湯を張ったほうがお得になるので、大人数の場合はお湯を溜めたほうがお得です。

3. 季節によって水の設定温度を調節する

設定している水温を下げるのもガス代節約に効果的です。
とくに夏場などの熱いお湯が必要ないシーズンには、お湯の温度を下げて使うようにすると、ガスの使用量を減らすことができます。

4. 料理中も気を抜かない! 「ガスコンロ」の節約術

料理中も気を抜かない! 「ガスコンロ」の節約術

ガス代の割合を大きく占めるのはお風呂ですが、節約には限度があります。
そこで、同じくガスを使う「ガスコンロ」での使用量も減らす工夫をしていきましょう。

料理中に煮物をしたり、水を沸かしたりするときにはフタを使って熱を逃がさないようにし、余熱も利用して料理を作るとガス代を節約できます。
1人暮らしの用の料理は、量もそこまで多くないので、ササっと終わらせることがポイントです。

また、節約時の料理には、調理時間が短くて済む「蒸す」「炒める」メニューがオススメ。
火はナベからはみ出さないようにし、ナベについている水滴はあらかじめふいておくと余分な火力を使わずに調理ができます。

料理に使う材料も、あらかじめ常温に戻しておくと火の通りが早くなるので、ガス代の節約につなげることができます。

5. 電気を利用して料理を作る!?

ガス代を節約するためには、調理家電の併用も大切です。
野菜の下ごしらえなどは、電子レンジを利用しましょう。
ガスを使わずに済むうえに、レンジ加熱だと栄養素の流出も防げて一石二鳥なのです。
お湯もケトルを使って沸かすと、必要な分だけ素早く沸かすことができます。

6. 洗い物はゴム手袋をして「水」で洗う

冬場の水を使った洗い物はつらいですよね。ついお湯を使って洗いたくなりますが、節約のためには我慢したいポイントです。
洗い物の際に「ゴム手袋」をすることで、水の冷たさを軽減することができます。
冷たい水では水切れが悪い、という場合はつけおき洗いをして、最後のすすぎだけお湯を使えばOKです。

1人暮らしのガス代を節約するコツは「使う分だけ請求される」ことを頭に置いておくことです。
使用量を賢く減らして、ガス代を節約していきましょう。