冬より楽ちん!? 夏の大掃除のススメ!

冬より楽ちん!? 夏の大掃除のススメ!

46

「大掃除と言えば年末にするもの」と思い込んでいませんか?

もちろん、新年を迎える前に家の中を隅々まできれいにする年末の大掃除は大切ですが、
1年分の汚れがたまった状態だと手間も時間もかなりかかってしまうものです。

夏にも一度、大掃除してリセットしておけば、年末の大掃除の手間が軽減されます。
しかも、夏は冬に比べて大掃除しやすい条件がいっぱい揃っているのです。

夏は大掃除にピッタリな季節

42

夏は日が長いため、明るいうちにやっておきたい掃除の時間をたっぷりと取ることができます。
子どもたちは夏休みなので、家族全員で分担を決めて家中の大掃除をする日を作りやすいという
メリットもありますね。

キッチン周りなどの油汚れは、気温が低い季節は固まっていて落としづらいですが、
暑い夏は汚れも緩んでいて落としやすくなっています。

水道水の温度も冬に比べて高めなので、水だけで落とせる汚れが増え、お湯を使う量の節約にもなります。

 

【夏の大掃除のポイント】お風呂

43

浴室は家の中でも特に、夏にしっかりと掃除をしておきたい場所です。
夏はシャワーで済ませることも多く、せっけんやシャンプーの泡などが
飛び散りやすくなります。

せっけんカスなどはカビのエサになることもあり、また高温多湿な夏は
カビが繁殖しやすい季節でもあります。

黒い点が見えたら、それはカビの巣のようなもの。
そこからカビの胞子が舞い上がり、繁殖する元になります。
換気に気をつけながら、市販のカビ取り剤でしっかりと落として
しまいましょう。

夏の間にカビ取りをしておくことで、冬の風呂場の大掃除がぐんと
楽になります。

シャンプーなどのボトルの裏のぬめりもきれいにしておきましょう。

また、ボディブラシやスポンジなどがカビの温床になっている場合もあるので、大掃除のタイミングで新しいものに取り換えるのも良いですね。

 

【夏の大掃除のポイント】キッチン

44

先ほどもお伝えしたとおり、油汚れが浮きやすい夏は、換気扇やグリル、コンロ周りなどの油汚れを落とすのに最適な季節です。

取り外しできるパーツについては、洗い桶やシンクに50度程度のお湯をためて、アルカリ洗剤を混ぜて20~30分漬けて置くことで油汚れを浮かせることができます。

漬け置きしている間に同じ洗剤を使って周りの油汚れも拭き取ってしまいましょう。

取り外しできない部分のしつこい汚れは、キッチンペーパーやティッシュペーパーに洗剤をしみこませたものを貼り付けてしばらく置く湿布法で落としやすくなります。

 

【夏の大掃除のポイント】サッシ・網戸

45

 

年末の大掃除でも時間を取られるのがガラス窓の掃除ですよね。夏の間にパッキンや細かい部分についたカビや汚れを落としておくと暮れの大掃除が楽になります。

網戸は掃除することで風通しが良くなり、涼しくなる効果
期待できます。

外側から掃除用のフロアワイパーなどで拭いてきれいにしましょう。
窓ガラスの掃除は年末に回しても良いですが、夏にガラス磨きをするなら曇りの日を選ぶと良いでしょう。

晴れた夏の日だと、水や洗剤がすぐに乾いてしまって効率が
悪くなります。

水と洗剤を使ってきれいに汚れを洗い落したあとは、しっかりと乾拭きすることも忘れずに。

 

以上、夏の大掃除のポイントをお伝えしました。
今年は、家族みんなで夏の大掃除に挑戦してみませんか?

すっきりときれいに汚れがリセットされて気分も良いこと間違いなしですよ。